重要なお知らせエリアを非表示

百蜜 momomitsu(ももみつ)

百蜜百色

私たちは木を伐り、養蜂をしながら、森を育てます。
森と人の間に蜂が入ることで生まれる、自然の巧みな循環。蜂が飛び交い、木々が受粉して実を結び、活発に命を繋いでいくのです。手放された梅林や、穏やかな吾妻川のほとりなど、蜂箱を置く場所は様々。蜂は行く先々の旬な花のことをよく知っていて、毎日何往復も通います。そうして、それぞれの風土を反映した複雑で豊かな「百蜜」となるのです。 わたしたちの生きる浅間高原には、幾百もの花、幾万もの命のきらめきがあります。ミツバチが野山を飛びまわって集めた巣蜜は、その輝きをとじこめた光の画。 色も香りも濃厚なサクラ、透きとおったアカシア、華やかな野バラなどなど… 日々、色彩は変わり、美しいグラデーションを描きます。 採蜜のたびに異なる、百色の味と輝きを、#1~#100までの「ナンバー」で表しました。 どんな場所でどんな花が咲いていたのか…想いをはせながら、お召し上がりください。

Access アクセス

販売所:ルオムの森
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1984-239

LUOMU(ルオム)とは、フィンランド語で『自然に従う生き方』という意味です。

北欧の人々は、家族や友人と大切なことを語りあう時、森に入るといいます。森に入り、心を開き、親しい人と語らう。心地よい自然に身をまかせ、五感のバランスをとりもどす。季節の移りかわりを愉しみながら、日々生活する…そんな『ルオム』を自ら実感し伝えていく拠り所が、ルオムの美しい森なのです。 LUOMU webサイト